処女膜強靭症とは?症状と原因

Hymenotomy

処女膜強靭症とは

処女膜強靭症とは

「タンポンがスムーズに入らない」「男性器がアソコに挿入できない」「セックスのときに痛い」など。もしかしたらこういったお悩みは、処女膜強靭症が原因かもしれません。

処女膜強靭症とは、先天的に(生まれつき)処女膜が厚くて破れにくい、もしくは固くて伸びにくい状態です。タンポンが入れられなかったり、性行為時に男性器が挿入できず、挿入できたとしても強い痛みや出血が生じたりするといった症状があります。

この記事では、処女膜強靭症の原因、検査、治療の方法についてくわしく解説します。

ページの監修医師

ページの監修医師加村和雄院長

池袋アイリス婦人科クリニック
加村和雄(かむらかずお)院長

1998年埼玉医科大学医学部卒業。病院やクリニックにて、日本産科婦人科学会専門医として研鑽を重ね、池袋アイリス婦人科クリニックを開院。

目次

処女膜強靭症の特徴と症状

処女膜強靭症と一般的な処女膜を図解

処女膜が完全に閉鎖して経血や分泌物を排出できない処女膜閉鎖症と異なり、処女膜強靭症の処女膜は、一般的な処女膜と同じように中央に小さな穴が空いています。そのため、日常生活において自覚症状はあまりありません。

しかし、タンポンや男性器の挿入時に強い痛みを感じ、ご自身で調べるうちに「もしかして処女膜強靭症かもしれない」とご相談に来られる方が多くいらっしゃいます。

性交痛(セックスの痛み)は処女膜強靭症のせい?

性交痛=セックスに痛みが伴う原因は一つでなく、さまざまな理由が考えられます。処女膜強靭症により、痛みが起こっている可能性もゼロではありません。ほかには、ホルモンバランスの変化、性感染症=性病、婦人科疾患、精神的なストレスなどが原因になっているケースもあります。

処女膜強靭症や性病、婦人科疾患が原因になっている場合は、自身での治療が困難です。池袋アイリス婦人科クリニックでは、処女膜強靭症の治療のほか、性病検査や婦人科検診も行っています。お気軽にご相談ください。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00
※最終受付 18:30

処女膜強靭症の原因は?

処女膜強靭症の原因は、ほとんどが先天的なもの(生まれつき)です。処女膜は内性器のため、膣・子宮・卵管・卵巣などと同じように、自身の意思やダイエットなどで厚みや硬さをコントロールすることはできません。

性行為に対する極度の不安や恐怖で膣に力が入り、処女膜強靭症を発症する場合もありますが、こういったケースはかなりまれといえるでしょう。

そもそも処女膜は何故あるの?

処女膜には特別な機能があるわけではありません。しかし、胎児期に膣内に膣を細菌や汚れなどの「外部感染源」から守るため、と推測する研究者もいます。明確な答えは出ておらず、医学的な解明はなされていません。

処女膜強靭症の調べ方
(セルフチェックリスト)

処女膜強靭症かも?自覚症状チェックリスト

処女膜強靭症の検査方法

池袋アイリス婦人科クリニックの処女膜強靭症の検査は下記です。

  • ・問診
  • ・外陰部の診察
  • ・感染症の検査

当クリニックは、膣内にプローブを挿入する経膣超音波検査を行わず、問診と外陰部の診察、手術前の感染症の検査で診断をしております。処女膜の状態を把握するため、医師が手指で処女膜に触れる場合がありますが、お痛みに最大限配慮して検査を行うため、安心してご来院ください。

処女膜強靭症の治療費用

診察料 3,300円
術前検査料 8,000円
処女膜切開術
静脈麻酔代+
術後薬代込
140,000円
エクスパレル麻酔 10,000円
  • ※手術をご希望の方は、診察日に術前検査を行います。なお、術前検査後に手術をキャンセルされる場合、術前検査料の返金は出来かねます。カウンセリングのみご希望の場合は、ご予約時にお申し出ください。
  • ※処女膜切開術は保険適用されません。全額自己負担での手術となります。

処女膜強靭症の治療の流れ|処女膜切開術

池袋アイリス婦人科クリニックでは、以下の流れで処女膜強靭症の治療(手術)を行っています。手術は、しっかり麻酔が効いているのを確認したうえで行うため、眠っている間に完了します。そのため、術中のお痛みを感じることはありません。診察・検査・手術時には、女性看護師がお側におりますので、ご安心ください。

  • (1)診察

    問診でお悩みを伺った後に診察を行い、処女膜強靭症と診断された場合は、切開による手術をご提案いたします。診察当日の手術は行っておりませんので、予めご了承ください。検査のみのご相談も可能です。

  • (2)術前検査

    治療の実施が決定したら、術前検査を行います。方法は血液検査で、HIV・梅毒・B型肝炎(HBV)・C型肝炎(HCV)などの性感染症の有無を調べます。

  • (3)ご来院

    予約日にクリニックにご来院後、手術同意書をご提出いただきます。安全に麻酔を行うため、事前にお伝えした注意事項をお守りいただけているか、最終確認を行います。

  • (4)麻酔と手術

    厚く硬い処女膜を切開することで膣口が広がる図

    静脈麻酔を行い、麻酔が十分に効いていることを確認してから、手術を行います。切開部にも局所麻酔を行いますが、眠っている状態のためお痛みは感じません。手術では、処女膜を数カ所切開することによって膣の入り口を広げます。手術にかかる時間は20~30分ほどです。

  • (5)アフターケア

    手術が終わり麻酔から目覚めたら、クリニック内で約1時間お休みいただいたのちご帰宅いただけます。静脈麻酔を使用するため、ご帰宅時に眠気やフラつきが生じる場合があります。安全のため、二輪車や自動車の運転はお控えください。

手術後の注意点やリスク

痛み 当日~翌日がピークで徐々に落ち着きます
腫れ 1~2週間ほど続きます
傷の治り 1カ月かけて徐々に治癒します
入浴 シャワーは翌日から、入浴は1週間後から可能です
性交渉 目安は手術約1カ月後からですが、医師の指示に従ってください
リスク ごくまれに、感染や出血、処女膜の戻りが考えられます

手術は眠っている間に完了するため、術中にお痛みを感じることはありません。術後のお痛みがご不安な方に向けて、術後72時間(約3日間)の痛みを緩和するエクスパレル麻酔のご用意もあります。痛みにご不安がある方は、診察時にご相談ください。

「セックスが痛い」はもしかしたら処女膜強靭症かも?

性行為時に男性器が入らなかったり、強い痛みや出血があったりする場合は、処女膜強靭症の可能性が高いといえます。また、性交痛は処女膜強靭症でなくても、性病や膣・子宮など女性器の病気などでも発生します。

池袋アイリス婦人科クリニックは、処女膜強靭症の検査・治療のほか、性病や婦人科疾患もご相談いただける女性に寄り添ったクリニックです。お一人で悩まず、まずは医師にご相談ください。

WEB予約(24時間365日可)

処女膜強靭症のご相談・検査・治療は、池袋アイリス婦人科クリニック、または同じグループの新宿駅前婦人科クリニックにて承ります。

処女膜強靭症のよくあるご質問

  • 処女膜強靭症は手術なしで自然治癒しますか?

    処女膜強靭症は、生まれつき処女膜が固くて厚い状態です。そのため、時間が経過しても自然治癒の可能性は低いだけでなく、ダイレーターなどを使ったセルフトレーニングやケアでも、根本的な治療が難しいといえます。

  • 処女膜強靭症の手術をしたら、膣が緩くなるのではないでしょうか?

    手術では、膣の狭まりを作っている部分の処女膜のみ切開を行うため、膣全体が緩くなることはありません。ご安心ください。

  • 処女膜強靭症の手術をしたら、性行為はいつから可能ですか?

    約1カ月後から性行為が可能ですが、傷の治りには個人差があるため、必ず医師の指示に従ってください。また、性行為時に強い痛みや出血があった際は、無理をせずに行為を中断し、医師の診察を受けましょう。

  • 処女なのですが、初体験で入らないのは処女膜強靭症だからでしょうか?

    性交渉が未経験の方は、緊張や不安で腟内の筋肉が固くなったり、膣分泌液が十分に分泌せずに膣が乾いたりして、男性器のスムーズな挿入が難しいケースがあります。何度か性行為を行い、リラックスした状況でも男性器が入らず、強い痛みや出血がある場合は、処女膜強靭症の可能性が高いです。お気軽に、池袋アイリス婦人科クリニックにご相談ください。

  • 処女膜強靭症の治療は保険適用になりますか?

    池袋アイリス婦人科クリニックでは、自費診療でのみ処女膜強靭症の治療を行っています。まれに保険適用での治療を行っているクリニックもありますが、処女膜閉鎖症程度の症状(処女膜が開いておらず、経血や分泌物が排出されない状態)でないと適用とならないケースがほとんどです。

INFORMATION

2024/07/02
7月休診日:なし